獅子頭の社 ~ 難波八阪神社(なんばやさかじんじゃ) ~

 境内の入ると、否応無く目に入る獅子殿。

画像


自転車のおばちゃんが、「何や、あれ~!」と。鳥居外から「叫んでいました。(笑)

ちなみに、神社の方の話では、主祭神 素盞嗚尊(すさのおのみこと)を分祠して祀られているので、れっきとした社だそうです。夏祭り等で奉納の舞などの舞台としても使われているそうです。
何とも、大阪らしい。


古来「難波下の宮」と称し難波一帯の産土神(うぶしなのかみ;土地の守護神)でした。後三条天皇の延久(1069年~1073年)の頃から祇園牛頭天王(ごずてんのう)をお祀りする古社として知られていました。かつては七堂伽藍、子院十二坊を有する繁栄ぶりでしたが、兵火に遭い、衰退。明治維新後、神仏分離で寺は廃絶され、明治5年(1872)に郷社となりました。昭和20年(1945)の空襲で社殿も焼失した。現在の社殿は昭和49年(1974)に改築されたものです。毎年1月第3日曜日に行なわれる綱引神事(つなひきしんじ)〔市指定無形民俗文化財〕は、祭神の素戔鳴尊(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、民の困苦を除いたという故事に基づいて始められたものです。

旧社格:郷社
主祭神:素盞嗚尊(すさのをのみこと)、奇稲田姫命(くしなだひめ:素盞嗚尊の妻)、
八柱御子命(やはしらのみこのみこと:素盞嗚尊の八人の皇子)など。
神紋:
ご利益:
住所:大阪市浪速区元町2-9-19
拝観:年中無休。冬季 6:00~17:00、
夏季 6:00~17:00
拝観料:境内自由。
電話:06-6641-1149
URL:http://nambayasaka.jp/
アクセス:大阪市営地下鉄 御堂筋線・四つ橋線 ナンバ駅より約6分


正面鳥居(しょうめんとりい)

画像


獅子殿(ししでん)
獅子舞台。巨大な獅子頭をかたどった高さ12m、幅11m、奥行10mの絵馬殿がとくに目を引く。昭和49年(1974)に改築。

画像


画像


本殿(ほんでん)
主祭神 素盞嗚尊(すさのをのみこと)、奇稲田姫命(くしなだひめ:素盞嗚尊の妻)、八柱御子命(やはしらのみこのみこと:素盞嗚尊の八人の皇子)などを祀る。昭和49年(1974)に改築。

画像


篠山神社(ささやまじんじゃ)
難波の青物市場の公認に尽力し、難波の発展に貢献した大坂代官篠山十兵衛景義の遺徳を顕彰するため、明治13年(1880)に創建されました。

画像


宮址(みやあと)

画像



摂社・末社
向かって左から、稲荷神社、三宝荒神社、市杵島姫神社、皇大神社と並ぶ。

・稲荷神社(いなりじんじゃ)
ご祭神は宇賀御魂神(うかのみたまのかみ)・豊国稲荷大神。ご神徳は五穀豊穣・商売繁盛。

・三宝荒神社(さんぼうこうじんじゃ)
ご祭神は奥津日子神(おきつひこのかみ)・奥津比賣神(おきつひめのかみ)・火産霊神(ほむすびのかみ)。ご神徳は火と台所の守り神。

・市杵島姫神社(いちきしまひめじんじゃ)
ご祭神は市杵島姫命・大物主神(おおものぬしのかみ)。ご神徳は産業開発・交通、海上運輸安全。

・皇大神社(こうたいじんじゃ)
ご祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)・猿田彦神(さるたひこのかみ)。ご神徳は家内安全・家業発展。

画像


戦艦陸奥主砲抑気具記念碑
昭和18年(1943)6月に主砲火薬庫から爆発を起こして沈没した戦艦「陸奥(むつ)」の主砲の抑気具(砲口蓋)が置かれ、艦と運命を共にした艦長 三好輝久大佐以下1121名の将兵の魂を慰霊し、遠の平和を祈る碑です。

画像


神馬像(しんめぞう)

画像



【御朱印】


「難波八阪神社」

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック