テーマ:京都さんぽ

北野天満宮の旧神宮寺 ~ 北野東向観音寺(ひがしむかいかんのんじ) ~

 源頼光(みなもとのよりみつ)を悩ました蜘蛛が棲息していたといわれる土蜘蛛塚(つちぐもづか)が境内の奥にあります。 「土蜘蛛」は朝廷に従わない先住民たちのことで、洞窟や横穴などに住み、背が低く、まるで土蜘蛛のようだったといわれる。中世には人の怨霊が化けた妖怪として登場します。 平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満宮の総本社(2/2) ~ 北野天満宮(きたのてんまんぐう) ~

(つづき) 末社 神明社(しんめいしゃ) 本殿の西側にある。ご祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)、豊受大神(とようけおおかみ)。家内安全・家業発展。 文子社(あやこしゃ) 多治比文子(たじひのあやこ)、相殿(あいどの)に近江国比良宮の神官・神良種(かみのよしたね)、その子・太郎丸(たろうまる)、朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満宮の総本社(1/2) ~ 北野天満宮(きたのてんまんぐう) ~

 宝物殿で「宝刀展Ⅳと鬼神像」なる特別展が開催されています。 宝物殿内は、なぜか女性ばかりで、『わぁ~。美しい。』『あっちも~。』と黄色い感性があがっていました。 “刀剣女子”ブームって、本当やったんやね。 これが今回の特別展のメインディッシュ、 重要文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝・光明・崇光天皇陵 ~ 大光明寺陵(だいこうみょうじのみささぎ) ~

 閑静な住宅街の中、一見公園かと見間違うような開放的な雰囲気の御陵です。 光明天皇(こうみょうてんのう)は大和の長谷寺(はせでら)で亡くなり、母・広義門院(こうぎもんいん)の勅願寺(ちょくがんじ)である伏見の大光明寺(だいこうみょうじ)に遺骨が納められた。崇光天皇(すこうてんのう)は伏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乃木大将を祀る神社 ~ 乃木神社(のぎじんじゃ) ~

 軍人さんを祀る神社にしては、何ともユニーク。 神門をくぐると、いきなり巨大な栗の看板が。  『勝栗』の語呂合わせなんですね。  摂社の山城ゑびす神社にはこれ。  幸せに成り・・・(タイ)ってね。 日露戦争で武功をあげ、明治天皇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧伏見城の守り神 ~ 御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ) ~

 拝殿・本殿は平成に入ってから修理されたそうで、手の込んだ極彩色の彫刻が輝きを放っています。  拝殿の正面、向かって右には龍神伝説の光景を描いた「鯉の瀧のぼり」、左は琴高仙人(きんこうせんにん:周代の趙 (ちょう) の仙人)が鯉にまたがって瀧の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

端午の節句(たんごのせっく)発祥の地 ~ 藤森神社(ふじのもりじんじゃ) ~

 正月三が日は縁起かつぎで、白馬も登場しています。 えらくおとなしく、ひたすら木をかじっています。お腹空いているのかな。 近くにいたおじさんの話では、おじいちゃんの馬で、全力で走ったりはできないそう。 今は、もっぱらお祭りの行列などで活躍しているそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩摩藩ゆかりの寺 ~ 大黒寺(だいこくじ) ~

 本尊が大黒天のお寺だけに、山門の屋根瓦は大黒天像となっています。ちなみに、「丸に十字」の印は薩摩藩主・島津家の家紋です。 平安時代初期に平城天皇(へいぜいてんのう)の第三皇子・真如法親王(しんにょほっしんのう)が開基し、当初真言宗仁和寺の院家・尊寿院に属し、円通山長福寺といった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中書島の弁天さん ~ 長建寺(ちょうけんじ) ~

 まったりとした風景のひろがる旧伏見城の外堀である濠川(ほりかわ:宇治川派流)。 その一角に、独特の赤い竜宮門が印象的なお寺です。 豊臣秀吉没後、徳川三代まで使われた伏見城は元和五年(1619)廃城後、伏見の町は衰退し、十三代目伏見奉行・建部内匠頭政宇(たけべたくみの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊臣秀吉の隠居城 ~ 伏見桃山城(ふしみももやまじょう) ~

 立派なお城ですが・・・。誰もいない。 城門の外では、近くのグランドで野球をし終えた少年たちのにぎやかな声。 対照的で何とも寂しい。 伏見城は豊臣秀吉によって築かれた城です。伏見城は三度にわたって築城され、文禄五年(1592)に起きた大地震「慶長伏見地震」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治天皇陵 ~ 伏見桃山陵(ふしみのももやまのみささぎ) ~

 陵所が高台にあるので、絶景です。  南側からの参道には、かなり急な石段。  おじいちゃんたちが、休憩しながら登っていました。 大正元年(1912)9月13日に東京・青山の帝國陸軍練兵場(現在の神宮外苑)にて大喪儀(たいそうのれい:天皇の葬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝・桓武天皇陵 ~ 柏原陵(かしわばらのみささぎ) ~

 雑然とした街から陵の参道に入ると、シーンと静かな空間が広がる。 在世中に宇多野(うたの)への埋葬を希望したとされるが、不審な事件が相次ぎ占いによって賀茂神社の祟(たた)りであるとする結果が出された改めて伏見の地が選ばれ、柏原陵が営まれた。柏原陵の在所は中世の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朱山七陵(しゅやまのななりょう) ~ 龍安寺(りょうあんじ) ~

 龍安寺を散策後、裏山にある「朱山七陵」と呼ばれる陵墓群に。 朱山の中腹にある一条・堀川天皇陵。 京都の街を一望できる絶好の場所にあります。 【朱山七陵】 朱山七陵は龍安寺の北側に位置する七つの陵墓の総称です。それぞれの天皇に縁深い寺院(円融…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の石庭 ~ 龍安寺(りょうあんじ) ~

庭といえば、龍安寺さん。 鏡容池の伏虎島は、鳥さん達が談笑中。 そして、龍安寺といえば、石庭。 一面に敷かれた白砂の上に絶妙のバランスをもって配された大小15個の石。こちらの庭も作者不明、意味も不明らしく、自分の感じたままで解釈すればいいそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安京の羅城門(らじょうもん) ~ 京都駅 ~

 京都駅前に「ミニ・羅城門(らじょうもん)」出現。 幅8m、高さ2.4m、奥行き2.1m、実物の約10分の1のサイズ。 メルパルク京都の地階に保管されていたものを移設したそうです。  ちゃんと、門番もいますよ。 【羅城門(らじょうもん)】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清和源氏発祥の宮 ~ 六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ) ~

 春には桜で境内はピンク色に染まるそうです。秋は、ちょっと寂しい感じがします。 多田神社(兵庫県川西市)、壺井八幡宮(大阪府羽曳野市)と共に「源氏三神社」のひとつとされる。旧称、六ノ宮権現。ご祭神である源経基(みなもとのつねもと)は清和天皇(せいわてんのう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後西天皇子女の墓 ~ 香久宮墓外二墓(かくのみやのはかほかにはか) ~

知恩時の墓地内で皇室の墓を見つけました。 一般の墓と一緒に並んでいるのは、何とも不思議な感じがします。 時代なんでしょうね。 江戸時代前期、第百十一代・後西天皇(ごさいてんのう)の子女、香久宮(かくのみや)・満宮(みつのみや:放光院宮)・凉月院(りょうげついん)の墓。母は藤原定子(ふじわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土宗七大本山のひとつ ~ 知恩寺(ちおんじ) ~

 御影堂(みえいどう)には、巨大な数珠が堂内を一周するよう掛けられていました。 堂内撮影禁止ですが、本堂の入口に少し数珠が見えています。 デっか。 正式名は、長徳山功徳院百萬遍知恩寺(ちょうとくざん くどくいん ひゃくまんべん ちおんじ)。浄土宗の開祖・法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒住教の教祖を祀る社 ~ 宗忠神社(むねただじんじゃ) ~

 吉田神社内を散策しているつもりでしたが、何と別の神社でした。 黒住教(くろずみきょう)の教祖である黒住宗忠(くろずみむねただ)を祀る神社。京都および、黒住宗忠の生地で黒住教の本部のある岡山にあります。幕末の日本三大新宗教(ほかに天理教(てんりきょう)、金光教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の表鬼門 ~ 吉田神社(よしだじんじゃ) ~

 末社・斎場所大元宮(さいじょうしょだいげんぐう)の本殿〔重要文化財〕。 何とも変わった形状の建物。八百万の神が祀られているため、こちらを参拝すると、全国の神社に詣でたのと同じ御利益があるそうです。 貞観元年(859)藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)が一門の氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おもてなしの館 ~ 京都迎賓館(きょうとげいひんかん) ~

 京都御苑には、何回も来ていましたが、実は、ここに「京都迎賓館」があるとは知りませんでした。 日本国を代表する迎賓館のひとつであるだけに素晴らしい。 建物自体は、鉄筋コンクリート造の地上1階、地下1階(駐車場)の建物で、特に特徴的なものはありませんが、内装や調度品などに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『黄金のファラオと大ピラミッド展』 ~ 京都文化博物館(きょうとぶんかはくぶつかん) ~

 京都文化博物館で開催されている展示会に行ってまいりました。 古代エジプトの巨大ピラミッドが建設された古王国時代を中心に、ファラオや王家の女性、貴族、人々の暮らしなど、末期王朝時代までを、エジプトの国立カイロ博物館のコレクションを通じて紹介されています。 今回の目玉は、エジプトの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半夏生(ハンゲショウ)の庭 ~ 建仁寺・両足院(りょうそくいん) ~

 半夏生(はんげしょう)の庭、特別公開の日。 半夏生は花ではなく、葉の部分が化粧しているように半分だけ白くなる不思議な植物です。 緑の庭に、まるで白い花が咲いているようで、予想していたより美しいものでした。 饅頭始祖の寺 ~ 建仁寺・両足院(りょうそくいん) ~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞍馬寺の鎮守 ~ 由岐神社(ゆきじんじゃ)~

 鞍馬寺境内にある鎮守社「由岐神社(ゆきじんじゃ)」。 境内の崖にはりつくように作られたユニークな構造の建物。 拝殿は、中央が通路になった「割拝殿」という珍しい造りとなっています。 鞍馬寺の鎮守社。通称、靫明神(ゆきみょうじん)。天慶元年(938)に大地震、天慶二年(939…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

牛若丸修行の寺 ~鞍馬寺(くらまでら)~

 本日は、牛若丸や天狗伝説で知られる鞍馬寺に。 鞍馬駅を降りて、最初に出会うのは、仁王門前の狛犬ならぬ「狛虎」さん。 なかなか勇ましいです。 牛若丸や天狗伝説で知られる寺。奈良時代、宝亀元年(770)唐招提寺の開祖、鑑真和上(がんじんわじょう)の高弟・鑑禎上人(がんちょうしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展『禅 - 心をかたちに -』 ~ 京都国立博物館 ~

 七条駅を降りて、2分もしないうちに、汗が・・・。 山手とは違い、京都市内はやっぱり熱いです。 京都国立博物館で開催されている特別展に行って参りました。 展示内容としては、ダルマさんをはじめとする主要な禅僧の肖像画や書、龍虎図など、国宝・重要文化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・南山城(みなみやましろ)六山 ~ 禅定寺(ぜんじょうじ) ~

 京都・宇治の山寺に。 バスを降り、片道40分程歩きましたが、宇治でもかなり山手にあるせいか、空気がひんやりしていて気持ちいい。 道を走る車が途切れると、時々、『法~、法華経』とウグイスのお経のような声?が聞こえ、趣のある散歩を堪能できました。 萱葺き(かやぶき)屋根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今里の弘法さん ~ 乙訓寺(おとくにでら) ~

 長岡天満宮でツツジを堪能した後は。 長岡天満宮から徒歩30分のところにある「ボタンのお寺」に。 境内は牡丹の花でいっぱい。 まるで美術館にいるよう。 ここが寺であることを忘れてしまいそう・・・。 推古天皇の勅願を受けた聖徳太子は、十一面観世音菩薩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島ツツジ ~ 長岡天満宮(ながおかてんまんぐう) ~

本日は快晴。 少し歩いていると汗ばむほど。 八条ヶ池を囲むように、真っ赤な霧島ツツジが美しく誇っています。 境内にはいくつかの露店も出ていて、行楽客でいっぱい。 タケノコが名産品のようで、採れたての大きなタケノコやタケノコおこわ、タケ ノコを模ったお饅頭等々が売ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方除(ほうよけ)の大社 ~ 城南宮(じょうなんぐう) ~

花の雨のような枝垂れ梅。 境内に五つある庭のひとつ「春の山」は、梅の花が満開でした。 庭にはポツポツと何種類かの椿の花が咲いています。 椿はこれからといった感じかな。 庭の隅で、真っ白なバラのような椿を見つけました。 お天気も快晴で、いい一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more