お骨佛の寺 ~ 一心寺(いっしんじ) ~

 北門を入って左手すぐに、大きな松の幹「霧降の松(きりふりのまつ)」があります。
大坂夏の陣で徳川家康が、真田幸村に追い詰められた時、霧を吹いて窮地を救ったという伝説をもつ松だそうです。

画像



正式には坂松山高岳院一心寺(ばんしょうざんこうがくいんいっしんじ)。文治元年(1185)の春、四天王寺の別当であった慈円(じえん)の要請により、法然上人(ほうねんしょうにん)が四天王寺の西門の坂のほとりに、四間四面の草庵「荒陵の新別所(あらはかのしんべっしょ)」を結び、後に法然の本名をとって「源空庵(げんくうあん)」と称して住んだという。後白河法皇(ごしらかわほうおう)が四天王寺参詣の際に訪れて法然と共に日想観*(にっそうかん)を修した。当時草庵の西は海を遠く見渡せ、極楽浄土の瑠璃の地のようであったという。慶長元年(1596)三河の僧・本誉存牟上人(ほんよぞんむしょうにん)が法然の旧跡であるこの地で一千日の念仏修法を行い、寺を再興されました。彼の一心称名をもって寺ができたため、一心寺という名になったといわれる。慶長五年(1600)関ヶ原の戦いがあった年、徳川家康の第八男・仙千代(せんちよ)が六歳で亡くなり、葬儀がここ一心寺で営まれました。時の住職で、本誉存牟は家康と同郷三河の僧であったため、以来、家康との結びつきが強くなり、慶長十九年(1614)の大坂冬の陣では家康公の本陣が当地におかれました。江戸時代末期からは、主に盆の間だけの行われる施餓鬼法要(せがきほうよう)を年中無休で行う「おせがきの寺」として賑わい、明治二十年(1887)お骨佛が造立されてからは、以後10年ごとに集まった納骨で骨仏をつくるため、「お骨佛の寺」として親しまれています。
* 日想観とは「観無量寿経」に説かれる修法で、夕陽を見ながら極楽浄土を観想する16観の初観。

宗派:浄土宗
山号:坂松山(ばんしょうざん)
院号:高岳院(こうがくいん)
寺格:
寺紋:
御本尊:阿弥陀如来
ご利益:
札所:法然上人二十五霊跡第7番
花ごよみ:
住所:大阪市天王寺区逢阪二丁目8番69号
拝観:年中無休。9:00~16:00
拝観料:境内自由。
電話:06-6771-0444
URL:http://www.isshinji.or.jp/
アクセス:地下鉄谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅より徒歩12分
御詠歌:(法然上人二十五霊跡)
「阿弥陀仏というよりほかは津のくにの なにはのこともあしかりぬべし」



寺号碑(じごうひ)

画像


山門(さんもん)
かつての山門は、大阪城三の丸玉造門を移設し「黒門」と呼ばれ有名でしたが、昭和二十年(1945)の空襲で消失。平成九年(1997)に黒門を現代風にして再建されました。

画像


 武器を持たず素手で戦う仁王像で、高さ約5mの青銅製。彫刻家・神戸峰男(かんべみねお)氏の作。

画像


画像


 門扉には天女のレリーフが。

画像


画像


結縁地蔵尊(けちえんじぞうそん)
山門脇の茶所に安置されています。

画像


聖観音菩薩像(しょうかんのんぼさつぞう)

画像


鐘楼(しょうろう)

画像


念仏堂(ねんぶつどう)
受付・案内所となっています。

 受付待ちで、長蛇の列。
 並ぶ気がせず、今回の御朱印はパス。

画像


八代目 市川團十郎墓(はちだいめ いちかわだんじゅうろうのはか)
天保年間から幕末にかけて活躍した歌舞伎役者。石塔には、五輪塔で使われる梵字と市川宗家の定紋(家紋)三升(みます)、下に「先祖供養子孫蕃育祈(せんぞくようしそんはんいくいのる)」とあります。お墓というより供養塔のようです。

画像


ジャカランダ
南米原産の常緑樹。雨季のはじまりに開花する性質を持つため、日本では6月頃に開花します。淡い紫の上品な色の花が、樹の上部一面に咲きます。

画像


本多忠朝の墓(ほんだただとものはか)

画像


開山堂(かいさんどう)
昭和二十年(1945)3月、戦火によりお堂および法然上人の真影が焼失。昭和四十八年(1973)お堂を再建し、法然上人の木像を造立し祀っています。

画像


本堂(ほんどう)
本尊・阿弥陀如来を祀る。

画像


 本堂前の天水鉢(てんすいばち)は、小さな力士さんたちが支えています。

画像


お骨佛堂(おこつぶつどう)
第7期(昭和22年以前)~第10期(昭和42年~51年)の骨仏を祀る。

画像


納骨堂(のうこつどう)
第11期(昭和52年~61年)~第12期(昭和62年~平成8年)の骨仏を祀る。

 お線香の煙でお堂が見えない。

画像


火よけ地蔵・お不動さん

画像


南門(みなみもん)

画像


おばけ灯籠(とうろう)

画像


十萬堂来山・時雨之句碑(じゅうまんどうらいざん・しぐれのきひ)
元禄時代の代表的俳人・来山は、平野町の薬種問屋に生まれました。西山宗因に師事したが、芭蕉に近い境地をひらき、今宮の地に居を構え「十萬堂」と名づけ、多くの名句を残しました。この句は、今宮の地から当時草原だった新世界、動物園を隔て眺められた実景と言われています。

 『時雨(しぐる)るや しぐれぬ中の 一心寺』

画像


旭五良八郎の墓

 何ともユニークなお墓。旭五良八郎さんで何をしていた人なんだろうか。

画像


六代目 豊竹時太夫記念之碑(ろくだいめ とよたけときたゆうきねんのひ)
人形浄瑠璃義太夫。初めは三味線を志して4代目豊沢広助に入門。広右衛門と名乗るが、その後改名を重ねて鶴沢文駄となる。のち大音・美声が認められて太夫に転じ、明治4年5代目竹本春太夫門下となり、6代目豊竹時太夫を襲名した。人気の高さが妬まれ水銀を飲まされて美声を失った。

画像


北門(きたもん)

画像


画像


三千佛堂(さんぜんぶつどう)
境内の東側にある。昭和二十年(1945)まで、境内塔頭の小さな本堂として建っていましたが、戦災で焼失。平成十四年(2002)現在の地に再建。画家・李暁剛(リ・シャオガン)氏作の大壁画「雪山阿弥陀三尊図」をまつる講堂と、その周囲に彫刻家・山田良定(やまだりょうじょう)氏作の千躰佛と十二神将を安置する大回廊から成る。大回廊には、金色に輝く仏像が数多く並んでおり、これらの仏像は参拝者の寄進によって造立されています。
三千佛堂の地下にある多目的劇場「一心寺シアター倶楽」では、落語寄席から演芸、音楽ライブ、ミュージカル、ダンス公演など、様々な公演が行われています。

画像


画像


 お堂の中央にある講堂には巨大な仏さまが・・・。

画像


存牟堂(ぞんむどう)
観光客向けの歴史散策案内所などがある建物で、飲料水の備蓄倉庫もあり、災害時には地域の支援拠点としても使われる。堂名は、大坂の陣の当時住職だった存牟上人から付けられました。

画像


 1階には、「大坂夏の陣図屏風(大阪城天守閣所蔵)」の複製が飾られています。

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック